Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« CUDA上の定数 | トップページ | パソコン »

2012年2月27日 (月)

Ubuntuどうしよう

今更ながらUbuntu11.10にアップグレードしてみたのです.
でも残念ながら,少なくともUnityは重くて使い物になりませんでした.

Core2Duo1.6GHzでメモリー1GB,Radeon200M搭載のEpsonのノートです.
考えれば5年くらい前のパソコンなので当たり前かもしれません.

Chromeで動画を見ながら,ソフトウェアセンターを起動するという,当たり前レベルの動作で急激に重くなり,なんとウィンドウマネージャー(?)ごと落っこちてしまいました.(ただ,そのあと端末に戻らずログイン画面に戻ってきたのは素晴らしかったです)

全体的にはいろいろ進化してていい感じです.
以前までなら終了がうまく出来ないことが多かったのですが,11.10からは問題なく終了できるようになりました(この辺はカーネルのバージョンの影響かもしれません)
UIも,「これでいいの?」感はあるけれど,工夫している感じがあります.

全体的に明らかにmacのパクリとなっているのも,ここ最近の流行と思えば仕方ない気もします.
ただ設定画面,あれはどうかと思います(笑)

起動してしばらく使った段階でメモリーを400MB以上消費していたので,恐らく想定されているスペックが11.04のgnome2の時より高いのだと思います.

今後もパソコンやスマートフォン,家電の変化は止まるはずもないので,Ubuntuがそれを見据えて進化していこうというのは素晴らしいと思います.

ただ,「友人に気兼ねなく勧められるOS」じゃなくなったかなぁ,という気もします.
僕のPCのスペックは今では「古いパソコン」に分類されるんだと思うのですが,そういうパソコンがやっぱり今でも現役な気がするのです.
そういうパソコンにそのまま入れて動く保証がなくなってしまったと思うと,ちょっと残念な気もするのです.

そういえば,ここ数年パソコン関連はいろんな変化がある気がします.
64bitが当たり前になったり,メモリーは2GB程度が当たり前になったり,MBRがGPTになったり.
スマートフォンが(日本でやっと)使われ始めたり,ネットワークにファイルを置くのが当たり前になったり,携帯のモデム化が当たり前になったり.

今まで少しずつ積み重なった変化が一気に現れ始めたという気もします.

そんなわけで,Ubuntuが変わっていくのも仕方ないのですが,僕の使えるOSがなくなってしまって困っています.
11.04のgnome2のままで行けるのも時間の問題だし.
Xubuntuという選択肢もあるのでしょうが,なんとなく,UbuntuはUbuntuで使えた方が楽な気がします.

Unity2Dも何故かもっさりとしか動いてくれません.
何かスペック以外の問題があるのかなぁ・・・

メモリ不足は確かにあるので,とりあえずメモリを買い足そうかと思います.

« CUDA上の定数 | トップページ | パソコン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuどうしよう:

« CUDA上の定数 | トップページ | パソコン »